Home

monochrome-record

monochrome-record

  • Posted by: nanoloop
  • 2020年12月31日 16:44
  • news

No Regret Lifeのライブレポートの倉庫です。

Latest Newsはこちらから。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

About them

  • Posted by: nanoloop
  • 2012年6月22日 23:51
No Regret Life
2001年、小田和奏、橋口竜太を中心に結成。
同年11月、松村元太加入により、現在の3ピースのスタイルに。
結成以来、毎年100本近くのライブをこなし、日本全国にいる「あなた」に音楽を届け続ける。
2005年にメジャーデビューしても音楽と向き合う姿勢は変わらず、
むしろ、日に日に純度が増しているような。
「やればやるだけ音楽を好きになる。原点に帰っていくんだよ!」
そう叫んで笑う彼らのステージはどこまでも強くしなやかで、そして愛情に溢れている。
テルスターをはじめあらゆるバンド仲間にまで、
「音楽馬鹿」と賞賛されるくらい、音楽が好きな人たち。
(敬称略)
 
 
小田 和奏(Kazusou Oda
マスクとマフラー、時々帽子(大抵セレクトが不思議)のギターボーカルであり、音の源。
ノーリグの音楽は主に彼の鼻歌から生まれている、らしい。
ボーカルとして誰もが羨むような稀有な声を持ち、愛用のレスポールと一緒に
ステージから目の前の一人ひとりに届ける誠実なパフォーマンス。
圧倒的な歌とギターで抑えきれない想いを、醒めない熱をくれる。
でもたぶんこのひとのいちばんすごいところは、音楽を愛しているところだと思う。
魂ごと捧げているような、そんな愛し方で。
 
松村 元太(Genta Matsumura
ヒゲメガネキャップ。友人バンドのライブなどで目撃談がやたら多いベース&コーラス。
指弾きとピック弾きを使い分ける、ノーリグサウンドにおける低音フレーズの番人。
バンド全体のパワーバランスは実は彼が舵取りしてるんじゃないだろうか。
フェンダーのプレベは指弾きだと柔らかい低音が鳴り響き、
ピックだと力強いベースラインがとっても魅力的。パフォーマンスもハンパないです。
時々ある、間の悪い煽りはご愛嬌。
和奏さんのフォローをいつもさりげなーくしている。ブログの更新いつもありがとう。
ファンとのつながりを大切にしてくれるひと。
 
橋口 竜太(Ryuta Hashiguchi
ちょっとむっちりなドラム&コーラス。以前は裸足で叩いてた、はず。
声に負けない分厚い音を出すパワープレイヤー......なのに細かいオカズがやたら多くて
曲に緩急をつけてくれる。鮮やかなドラムを滅茶苦茶楽しそうに叩く根っからのドラマー。
ただし、時々難しすぎるアレンジを自ら施してしまい、
ライブのときにえらい苦労(自爆)するらしい(本人談
一番年下なので末っ子イメージで見られがちですが、多分すげえ頑固です。
他の2人は彼の強さに支えられたりどこか救われたりしているんじゃないかな。
「精進します」が口癖の、努力家。

Index of all entries

Search
Feeds

Return to page top